F-35 Construction Report


[2004.7.27] 製作記事 翼周り [ Wing-section ]

主翼、水平尾翼、垂直尾翼は発泡フォームが精密にカットされて同梱されています。
ちょっと仮組しました
図面の指示ではエポキシレジンでバルサを貼るように書いてあります。
いつもはスコッチのスプレー糊を使いますが素直に指示に従いました。
樹脂はつい使いすぎて重くなりますのできっちり20gをはかって使用
使い切らないように薄く塗って接着しました。
このとき完全に硬化するまでは、平らな場所で大量の雑誌などで重しをしてください。

プランク用のバルサは同梱のバルサを4枚ほどつないで、形どおりにカットして4枚作っておきます。

こんな感じでできあがりました。
垂直、水平尾翼も同様ですが、
水平尾翼はピアノ線を固定しないといけませんのでプランク前に作業がいります。


ここまでの作業時間
トータル12時間ほどです
ここまでは以外と早くできました。

この後はCG合わせをしながらの各メカを仮組して胴体下面のプランク前に配線などを通しておかないといけません。
主翼翼端のバルサ板はどうも同梱されていないようです。
10mm厚のバルサ板を使いました

[Main wing]
垂直尾翼
こちらも発泡コアにバルサプランクします
一番厚いところで10mmくらいあります

国産キットなら5mmバルサ単板でしょうね


[V.TAIL]

ベルギーのクリスさんの作品
テール(排気部)やエレベータ周りのサンプルに載せておきます


[Phote by Cirstopher from Belgium]