Jepe A-4C SkyHawk

1.2002.3.5

相変わらずぺこぺこのグラスファイバー胴体でプラモから起したようなパネルライン、リベットなどが全て再現されています。
今回は図面の指示のとおり製作するつもりです。本当は脚もつけてみたいし、エアブレーキも動作するように...
ひょっとすると2号機で挑戦するかも?!

F-16Cと比べてもすばらしい出来で、スピコンはオプション(Swing40もしくはJetiなど選択可)設定で
それ以外のファン、モータまで含めたフルコンプリートセットでお値段はF-16とほぼ同じです。

きちんと使用部位ごとに袋に小分けされたWOODパーツ。
オランダ人はマメですね〜
テール部分の部品の袋
ベニアの枠
クレビス、ヒンジシートなど
グラスの胴体の内側にぴったりはまるWOODパーツ

グラスの左右のつなぎ目にもっこりしたところがないのでぴったりはまります。
体後部はビスで固定されます。
エレベータサーボも後部にセットされます。
F-16Cと比較
かなり大きくなります。