素敵なマンションライフのために


 管理会社へひとこと ふたこと みこと

2000.9.1

そんなに文句があるなら管理組合自身で自主管理すればよろしいのではと、思われるかも知れません。今までの問題(ペット以外も含む)で関心を持っている人、まったく無関心な人、決して表にでることなく影で苦情ばかり寄せてくる人などうっすらと分かりかけてきました。
たいていの人が直接自分自身に関係がなければ無関心でいます。
要するに、隣や上の階の人との間にトラブルがなければ問題にはなりませんし、苦情にもなりません。これからの素敵なマンションライフのためには管理会社の適切な苦情処理、解決の為の指導が必要です。

問題解決の為の指針
管理会社は、問題解決の為の明確な指針を持っているのか?
担当者の個人的な感覚、感性、経験に頼ってはいませんか?

これまでの苦情処理全般に言えることですが、全て苦情を寄せてきた人の主導で処理されており、事実の確認の無いまま一方的に対応されております。
要するに苦情を言ってきた人の望む処理方法をそのまま鵜呑みにして対処しているということです。
(苦情を言ったもの勝ち)
これは、事実に基づききちんと伝えられればそれほど問題にはなりませんが、そうでなければ無関心、また当事者ではない人達に誤った情報のまま伝わってしまいます。
問題の種を排除すれば良し とするかのような対処方法は二度とゴメン。


私達居住者はこのマンションを最後の住処として日々生活しております。問題を先送りしたり、排除するだけでは改善されません。また、議論して可決されたとしても、反対の立場の人達への配慮も必要です。なぜなら私達はここに住んでいるし、住みつづけるのです!

4Fのオバチャマのこと
このような迷惑きわまりないオバチャマはどこのマンションにもいるんでしょう! 私も直接このオバチャマに掛け合ったことがありました。(論理的な話合いにはなりません なぜならご自身の結論に沿わないものには耳を傾けないから)
このオバチャマの特性は
当事者でもないのに関わりたがるうえに、決して表には出てこない。
関わった時点で自分のなかの理想としての解決方法をすばやく見つけ出し、自分のまわりを巻き込んでその理想の?解決法に従わせようとします。だからこのオバチャマの解決法に従わないとさらに問題はこじれます。こわいですね〜!
いくらなんでも、オバチャマは排除することはできません。しかし、今回までの積み重ねで大方の奥様方は彼女のその特異性に気がついてしまいました。とうとう、今回の「エレベータにペットの毛・ストーカ事件」で、それまでオバチャマの味方だった奥様方までを敵にしてしまったのですから(おば様自身の行動によって)
管理会社のおんちゃん! 何も恐れることはありません! みんな知っていますオバちゃんの正体を!(ただみなさん大人ですから、それなりに接しているだけです 私にはできませんけど!) これからはこのオバチャマを恐れることはありません。

正直にお話すると、このペット問題としての当事者にならなければ「マンション管理」などあまり関心がありませんでした。しかし管理会社の対応や姿勢には問題が多すぎ、どうしてもこのままにはしておけません。
問題の解決の方法はペット問題でも、その他の問題でもすべて同じです。解決の為の基本姿勢の違いです。

今回の総会の議決には心より感謝しておりますが、管理会社がほんの少し手抜きして、飼い主の会の設立を条件に加えませんでした。これではいつまでたってもペットに関する苦情の対応はできません。しかも理事会の負担が増えるだけでは将来、理事会の反発もあるでしょう。
今回参考にした飼育規定(東京都・衛生局の飼育に関するモデル)にも、「飼い主の会」で、ペット問題の対応をすることが前提になっています。(理事会の負担を減らす為に)
なぜ省いたのかはわかりませんが、飼い主が関わらないまま一方的に苦情処理されてしまうのでは今までとなんら変わりありません。やっぱり面倒だからですよね
ほらね 解決しようとする姿勢は感じられないですね。

警告文の掲示について
当マンションは外部の人でも自由に出入りできます。
苦情の対処方法として「警告文の掲示」で、揉め事の多いマンションとして共有財産の価値を下げることになるとは考えませんか?
居住者全員に周知徹底するなら「回覧板」とは考えませんか?
(回覧板なら外部の目に触れることなく間違い無く伝わりますよね)
掲示期間のルールも無い掲示では、見ない人もいるとは考えませんか?

議事録について
過去の総会の議事録全てに目を通しました。総会で議論(問い、答え)の類はほとんど記録されていませんでした。
すべて、採決の結果とその補足程度です。
過去の議事録を読み返して、証拠として採用される価値のある議事録になぜ、問答の内容が記録として残らないのか? 過去に話し合ったことは有効ではないとでも言いたいのでしょうか?
今回の件をきっかけに色々と学びました。愛知県内のいくつかのマンションを回って実情を聞いてまわりましたが、入居当時は同じようなこと(当マンションの現在)をしていましたが今ではきちんとされていますよってとこがほとんどでした。(そいう必要性が出てくるから自然にそうなったそうです)
議事録に関しては 「問い」(無記名)と「答え」(回答者は理事会)として議論の概要が記録として残されていました。
これなら、問題が再燃しても過去の議事録から経過がわかりますから解決は速く済むでしょう。
うちのマンションの理事会の任期は1年、管理会社のフロントも寿命は短い(担当者が変わる)のでは、いったいだれが管理できるのですか?

私は変人?
私は41年間生きてきて、その人生を振り返ったとき、自分でいうのも変ですが「まじめに生きてきました」
人の嫌がる仕事も進んでやってきました。満員電車で割り込まれても「私より忙しい人がいる」と思ってさほど気にもしません。コンビニのレジでおばさんに割り込まれても同様です。優柔不断ですか?(もちろん仕事は別ですよ)
昨年は娘の通う小学校のPTAの副会長も勤めました。(誰もやり手がいないので仕方なく)普段は娘に関わることも少ないのでいい機会だと思って引き受けました。しかしこれは大変でしたね(一言では語れません)なにせ相手は教育心なお母様方ですから、しゃべり出したらとまりません(笑)
そんな私が今回ばかりはこのまま無関心ではいられません。単にペットの件の当事者だからではありません。
この管理会社(担当者?)の根底にある考え方に非常に不安と疑問があります。世間では同じ失敗を繰り返さないように教訓として学んで成長していきます。ここにはそれは通用しないようです。怒っています、いかっています。
相手は会社です、適当に対応するでしょう 「うるさいやつ」とレッテルを貼って。
それでも向かっていこうと考えている私は変人でしょうか? 
今後、何をすべきかをまとめきれているわけではありませんが、居住者としてごく普通に、管理会社を監視し大いに意見を述べていくつもりです。

私は、このホームページで記した疑問、問題点、対策方法について管理会社・担当者へ文章にし送付いたしました。(8月26日送付)また、明確な回答を頂くようにお願いをしました。
未だにお返事は頂いておりません。それなりの対応がなければ、今度は管理会社・担当者の上司へ回答を求めていきます。2000.9.4記

BACK