Jepe A−10


製作開始してかれこれ1年近くなりました。時間の経過や、既にこの機体を飛ばしてしまった人たちもいたりして少し意欲を無くして中断してましたが、なんとか飛行できる状態まで完成しました。
当初の予想をはるかにオーバーして3300g(16セル2400mAh込み)。どうもF−16の14セルパックの重量しか頭になくて計算間違いしていたようです。29duで3300g 翼面過重 113g/du まぁそんなに驚きましぇんが、舗装路や条件のいいときしか飛行できないのかと思っています。脚を引っ込めてレール風のランチャーでも作らないと自分のエリアでは離陸はできないでしょうね。
まあ とりあえず完成写真のみ。
2002年9月3日

ノーズ、メインともに前方にたたみこむ仕組みなんですが、ノーズのステアリングで苦労しました。
スプリングエアーのステアリングはワイヤーでリンケージします
収納するとワイヤーのテンションがなくなりますが、今回前方に収納するので、普通に張ると収納するとテンションが掛かってしまいます。
結局180度折り返してリンケージされています(かなり太いワイヤーを利用しました)
ミサイル、タンクなど付けてみようかと思いましたが、これ以上重くしても...
ラダーは片方しか動作しません